英会話教室で忍者講習!( ・∇・)

武者・忍者
12 /30 2013
先日、アドバンス英語教室様のイベントで約1時間の忍者体験講習をさせていただきました。
子供達が身を乗り出すようにしてこちらの話を聞いていました( ・∇・)

http://advancemmethod.web.fc2.com/ (アドバンス英語教室)

20131230001
内容は次のとおり
 忍者について(鹿児島・九州の忍者文化についても研究結果を少し紹介)
 吹き矢製作・実射体験
 手裏剣知識説明・実施体験(室内なので実施体験はゴム手裏剣を使用。手裏剣説明は車手裏剣・棒手裏剣について。回転打法・直打法・反転打法の実演)
 帯刀法・納刀抜刀

どうもウンチクが長くなるクセがあるので、1時間講習の場合は内容をもっと減らして1科目を深く掘り下げる教え方の方が良いのかなと考えてるところです(;・∇・)


[To a translation site] (;・∇・)
I was allowed to carry out the ninja experience short course for about 1 hour in the event like an advance English-language classroom the other day.
As children leaned out, they were hearing the talk here.
The contents are as follows.
It blows about a ninja (a little research findings are introduced also about the ninja culture of Kagoshima and Kyushu), and is arrow manufacture / firing-of-live-shells experience.
Throwing knife knowledge explanation / implementation experience (since it is the interior of a room, enforcement experience uses a rubber throwing knife.)
Throwing knife explanation is about a vehicle throwing knife and a stick throwing knife.
The demonstration Tatewaki method and 納刀抜刀 of a rotation batting style, a direct batting style, and a reversal batting style
Since the peculiarity in which knowledge becomes long somehow occurs, it is just going to think whether, in a 1-hour short course, the way of teaching which reduces the contents more and delves into one subject deeply is better.
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

Re: 英語で忍者講習?

> 英会話教室で忍者講習とはユニークですね…

いえ、意外に国際交流に関係するところからの依頼って多いんですよ( ・∇・)ノシ 

英語で忍者講習?

英会話教室で忍者講習とはユニークですね… 

クリエイティブパフォーマンス BAN

イベントやプロジェクトの企画や相談を主に受けています。
鹿児島を拠点として主に九州で活動。

状況に応じパフォーマーとしても活動
 1時間で最速200点のバルーンアートを作るバルーンパフォーマー
 夏の風物詩 金魚すくい名人
 ゴム銃や紙トンボなどの昔遊びの講師
 刀や手裏剣などを操る 侍・忍者
 鎧の着付け師 など

フリーライターとしても活動
 元 KADOKAWA Walker plus 鹿児島県地域編集長 など
 得意なジャンルは、鹿児島の歴史・文化・古武道・グルメ・温泉、日本の古武道、中国拳法、ゲーム(特にアーケードゲーム)、スポーツチャンバラ、火山

主な資格は
 普通一種運転免許
 ヘルパー2級
 FMD陳列士
 乙4種危険物取扱者
 国内旅程管理主任者
 スポーツチャンバラインストラクター
 伊賀流忍者店中忍免許