オススメの武器術パフォーマンス関連動画6選

武器術
10 /05 2017
 清永流武器講座としてYouTubeに動画をアップしています。
 現段階では初心者向けの動画を上げているのですが、物足りないという方もいらっしゃると思うので、こちらでは私が見つけたオススメ動画をご紹介します。

【武器術関連のオススメ動画】

 まずご紹介するのは Michelle Christa Smith さん。
 バトントワリングのテクニックだと思うのですが、素晴らしく戦闘アクションにマッチしています。

 特にこちらのライトセーバーを使ったアクションチュートリアルは秀逸。非常にアクションセンスを感じます。


 よく実戦思考の方が、「これ実戦で使えるの?」とツッコミを入れがちですが、実戦とパフォーマンスは違いますからね。
 パフォーマンスの場合はいかにお客様に観てもらえるかがポイントになる為、本来の意味での実戦性は必要ないのです。
 いかに芸術点の向上を追及していくかがパフォーマンスアクションをする上でのポイントになってきます。

 余談になりますが、私の下記の動画でも説明しましたが、パフォーマンスに使う道具は危険なものを使う必要はありません。
 先日、演劇の稽古中に模造刀が腹部に刺さり亡くなった方がいらっしゃいましたが、パフォーマンスにリアルを求めるよりは、芸術点を稼ぐにはどんな道具を使うのが良いかという視点で選ぶのをオススメします。




 続いてエクストリームマーシャルアーツの大会でしょうか?そこから2件の動画をご紹介します。

 まずは六尺棒の演武パフォーマンス

 次に二刀流のパフォーマンス


 こういった大会が日本でも開かれると楽しいですね。
 ここで個人的に見ていただきたいポイントは体の使い方。
 実戦型の武術ですと、相手との距離を上手くとらえる為や力を上手く伝える為に胸を凹ませた状態にする事が多いですが、パフォーマンスの場合は体を大きく見せる必要がある為、胸を張って演技します。
 アピールの為と思う気合いの入った発声もなかなか良いですね。


【おまけ】
 最近、積極的にYouTubeへの動画投稿をする様になってから他の動画もチェックする事が多くなりました。
 その中で今回はこのおじさんを紹介したい。
 やってる事は毎回過激なんですが、その笑顔に全てが許されてしまいます。




【YouTubeのチャンネル登録をお願いします】
YouTubeチャンネル:https://www.youtube.com/user/gozaru02
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

クリエイティブパフォーマンス BAN

イベントやプロジェクトの企画や相談を主に受けています。
鹿児島を拠点として主に九州で活動。

状況に応じパフォーマーとしても活動
 1時間で最速200点のバルーンアートを作るバルーンパフォーマー
 夏の風物詩 金魚すくい名人
 ゴム銃や紙トンボなどの昔遊びの講師
 刀や手裏剣などを操る 侍・忍者
 鎧の着付け師 など

フリーライターとしても活動
 元 KADOKAWA Walker plus 鹿児島県地域編集長 など
 得意なジャンルは、鹿児島の歴史・文化・古武道・グルメ・温泉、日本の古武道、中国拳法、ゲーム(特にアーケードゲーム)、スポーツチャンバラ、火山

主な資格は
 普通一種運転免許
 ヘルパー2級
 FMD陳列士
 乙4種危険物取扱者
 国内旅程管理主任者
 スポーツチャンバラインストラクター
 伊賀流忍者店中忍免許